RPGツクールでコモンイベントを使って楽をしよう!

みなさん、コモンイベントって使っていますか?

もし使っていなかったら非常に勿体無いです!

コモンイベントは最初こそ使い方がいまいちわかりにくいと思いますが、一度使い方を理解するとゲーム制作の効率がぐんっと上がりますよ!

今日はコモンイベントの入門編という事で、簡単な使い方を説明をしていきたいと思います。


<スポンサードリンク>

 

コモンイベントって何?使う利点ってあるの?

 

そもそも、コモンイベントが何なのかご存じない方もいるかもしれませんね。

コモンイベントとは戦闘やマップ上などゲーム中ならどんな時でも実行できる共通のイベントの事です。

中身を設定すればどのタイミングでも同じ内容のイベントが実行されるんですね。

 

このコモンイベントを使う利点は色々ありますが、特に良いと思うのはズバリ!

修正が楽なんです!

 

どういう事かと言うと、例えば道具屋さんなどのお店を作る事ってありますよね?

冒険できる町が多くなるとお店も同じ数だけ設置すると思います。

通常は各道具屋にイベントを置いて、そこでショップの処理を1つ1つ設定すると思います。

 

common-A

間違いではありませんが、全部作り終えた後「このアイテムも一緒に売りたい」など変更したくなる事があるかもしれませんよね?

そうなると、例えば10個道具屋を設置したとしたら10個全部修正しなければなりません。

非常に時間がかかりますし、設定ミスなどのバグにもつながってしまいます。

 

common-B

しかし、コモンイベントはショップの処理を1つのコモンイベントにだけ設定して、各イベントで呼び出すだけです。

つまり、修正するにしてもコモンイベント内の処理を修正するだけで良いんです。

1つ直すだけで良いのでかなり時短できます。

 

修正作業は本当に大変です。

できるだけ手軽にするためにもコモンイベントは使った方が良いですよ!

 


<スポンサードリンク>

 

コモンイベントってどうやって使うの?

 

では、実際にコモンイベントを使って道具屋さんを作ってみましょう。

 

common-01

まず、こちらがコモンイベントの編集画面です。

通常のイベントと同じように使う事が出来ますが、マップ上のイベントや戦闘中のイベントと違ってページは1つしかありません。

トリガーやスイッチに関しては、今回は使用しないので触れないでおきます。

 

common-03

ここに例としてショップの処理を入力します。後で呼び出すときにわかりやすい名前をコモンイベントに付けておきましょう。

 

common-05

common-06

次にイベントを設定します。イベントの実行内容の所に先ほどのコモンイベントを呼び出します。イベントコマンドのタブ1にあるコモンイベントをクリックし、呼び出したいコモンイベントを選択しましょう。

 

common-07

コモンイベントを呼び出すコマンドを入力するとこのようになります。かなりスッキリしていますね。ですが、これだけでショップの処理が組み込まれているんです。

 

common-08

隣に同じ設定を組み込んだ通常のイベントを置いて比較してみましょう。

 

 

このように、イベントで処理を組み込んだ時と同じように実行してくれます。

 

以上がコモンイベントの(恐らく)一番簡単な使い方です。

これを応用するとシンボルエンカウントや立ち絵表示なども簡単に作れるようになります。

そちらについては後日また改めてご説明したいと思います。

 

それでは、また次回!